内縁とは

内縁関係とは、婚姻届を提出していないために法律上の夫婦ではないものの、お互いに婚姻の意思を持ちながら共同生活を行い、社会的にも夫婦と認められている関係のことを言います。

そして、内縁は法律上の婚姻というわけでありませんが、婚姻に準ずる関係として法的保護が認められています。

  • ※参考判例(最高裁判決昭和33年4月11日)
  • いわゆる内縁は、婚姻の届出を欠くがゆえに、法律上の婚姻ということはできないが、男女が相協力して夫婦としての生活を営む結合であるという点においては、婚姻関係と異なるものではなく、これを婚姻に準ずる関係というを妨げない

貞操義務

上記のように、内縁は婚姻に準ずる関係でありますから、婚姻届を提出している法律上の夫婦と同様に、内縁の関係にある男女にも貞操義務があります。

そのため、例えば内縁の夫が他の女性と肉体関係を持った場合、内縁の妻は内縁の夫に対して慰謝料請求が可能となり、この点については婚姻届を提出している法律上の夫婦と全く同じです。

不倫によって侵害される利益

法律上の夫婦

婚姻届を提出している法律上の夫婦の一方が他の異性と肉体関係を持った場合、他方が侵害された利益は、判例によれば「婚姻共同生活の平和の維持という権利又は法的保護に値する利益」とされています。

  • 参考判例(最高裁判決平成8年3月26日)
  • 甲の配偶者乙と第三者丙が肉体関係を持った場合において、甲と乙との婚姻関係がその当時既に破綻していたときは、特段の事情のない限り、丙は、甲に対して不法行為責任を負わないものと解するのが相当である。けだし、丙が乙と肉体関係を持つことが甲に対する不法行為となるのは、それが甲の婚姻共同生活の平和の維持という権利又は法的保護に値する利益を侵害する行為ということができるからであって、甲と乙との婚姻関係が既に破綻していた場合には、原則として、甲にこのような権利又は法的保護に値する利益があるとは言えないからである。

内縁の夫婦

では、内縁関係にある一方が他の異性と肉体関係を持った場合、他方が侵害された利益は何になるのでしょうか?

これは、その不倫によって内縁関係が解消に至るのか、あるいは不倫があったけれども内縁関係が継続されるのかによって異なってきます。

内縁関係が解消に至った場合

内縁とは将来において婚姻をすることを目的として生活しているわけですから、不倫によって内縁関係が解消に至った場合は「婚姻に向けた期待権」を侵害したとする判例が多くあります。

内縁関係が継続された場合

内縁の関係にある男女も婚姻に準ずる関係ですから、婚姻届を提出している法律上の夫婦と同様に貞操義務がありますので、不倫があったとしても内縁関係が継続された場合は「婚姻共同生活の平和の維持という権利又は法的保護に値する利益」に準ずる利益が侵害されたということになります。

故意、過失

不倫の慰謝料が請求できる条件等でもご説明しましたように、不倫に加担した第三者に慰謝料を請求するためには、その第三者に故意又は過失があることが必要です。

そして、婚姻届を提出している法律上の夫婦の場合において、不倫に加担した第三者の故意とは「相手を既婚者と認識していたこと」であり、過失とは「注意すれば相手を既婚者と認識できたこと」ですが、内縁についても同様のことが言えます。

つまり、不倫に加担した第三者が相手を内縁関係と認識して場合は故意があり、注意すれば相手が内縁関係にあることを認識できたのであれば過失があると言え、内縁の妻(又は夫)の不倫相手にこのような故意又は過失があったうえで内縁の妻(又は夫)と肉体関係を持てば、慰謝料の請求は可能となります。

法律上の夫婦と同様に考えて良い

内縁は婚姻に準ずるものとして扱われる以上、侵害される利益等に多少の違いはありますものの、内縁だからと特別に難しく考えることなく、基本的には婚姻届を提出している法律上の夫婦が不倫問題に直面した場合と同様に考えて構いません。

メール相談|ご依頼|その他メニュー

電話、面談でのご相談

書面作成等のご依頼

お客様の声
当事務所の実績!

相談してみようか、依頼してみようかとお悩みの場合、当事務所に相談、依頼された方の声をお聞き下さい。思い通りの解決に至った例、至らなかった例もあります。

キャンペーン

とてもお得!

実践編メニューへ移動