最初の請求額に拘束されるのか

その案件における妥当な慰謝料額が100万円であった場合、請求額から実際に受け取る額は下がることが一般的ですので、いくらか減額することを事前に見越して150万円や200万円を請求することが多いのですが、最初に請求した額に拘束されてしまうのかというご質問をときどき受けます。

具体的には、上記事例において最初に150万円を請求したら、途中で「やっぱり300万円請求する」と増額(変更)することはできるのかということです。

増額したくなる理由

最初はできるだけ早期円満に解決しようと、いくらかの減額に応じることを前提にして、その案件における妥当な慰謝料額から幾分高い程度の請求をしたものの、不倫相手の態度によってはそのような考えはなくなり、徹底的に戦おうという気持ちになることがあります。

例えば、不倫相手が以下のような態度だった場合です。

  • (1)請求を無視する
  • (2)謝罪しない
  • (3)挑発的な回答を送ってくる
  • (4)事実関係等に関して虚偽の主張をする

そして、円満な解決を目指す請求額と徹底的に戦うための請求額は異なります(当然後者のほうが高額)ので、途中で請求額を増額したくなるのです。

請求額増額の可否

結論から申し上げれば可能です。

最初は150万円の請求をしたとしても、後から請求額を300万円に増額しても問題ないのです。

理由付けは慎重に

ただし、請求額を増額する理由付けは慎重に行ったほうが良いでしょう。

例えば「貴殿が謝罪しないことによって精神的苦痛は増大したので、請求額を150万円から300万円に増額する」というのでは、謝罪しないことに対する慰謝料を請求していることになりますが、謝罪しないことに対する慰謝料というものが認められるとは考え難いです。 つまり、そのような理由付けは不倫相手に対して減額の根拠(「謝罪しないことに対する慰謝料は発生しないのでその分は支払わない」)を与えることに他なりませんので、好ましくありません。

では、請求額を増額するに際しては、どのような理由付けにすれば良いのでしょうか?

最初の請求時に布石を打っておく

まず考えられるのは最初の請求時に途中で請求額を増額しやすいような布石を打っておくことです。

例えば「本来であれば300万円を請求するところであるが、早期解決のために現時点では150万円を請求する」というようにしておけば、途中で請求額が変わっても違和感がありません。

本来の請求額を後付けする

しかし、普通は請求額を増額することまで見越して最初の請求をしませんから、現実的には本来の請求額を後付けすることになるでしょう。

具体的には「本来であれば300万円を請求するところを、早期解決のためにあえて150万円しか請求していなかったが、貴殿の謝罪すらしない態度から早期解決は難しいと判断したので、本来の損害額である300万円を請求する」という具合です。

これであれば、謝罪しないことに対する慰謝料ということにはなりませんので、不倫相手に減額の根拠を与えません。

メール相談|ご依頼|その他メニュー

電話、面談でのご相談

書面作成等のご依頼

お客様の声
当事務所の実績!

相談してみようか、依頼してみようかとお悩みの場合、当事務所に相談、依頼された方の声をお聞き下さい。思い通りの解決に至った例、至らなかった例もあります。

キャンペーン

とてもお得!

実践編メニューへ移動