法律上の不倫とは

法律上の不倫(不貞行為)の定義として、こちらの不倫とはでご説明しておりますように、配偶者のあるものが、配偶者以外の異性と、自由意思で、肉体関係を持つことです。

つまり、例えばデートをしていた、食事をしていた、メールをしていた等、基本的に肉体関係がないのであれば、法律上の不倫には該当しないわけです。

そして、法律上の不倫に該当しない以上、慰謝料も発生しないということになります。

メールだけで慰謝料

上記のようにメールをしていたとしても慰謝料は発生しないというのが原則であるものの、「俺の彼女は○○ちゃんで○○ちゃんの彼氏は俺なんだから」「会いたい」「好きだよ」等の愛情表現を含むメールをしたこと自体が不法行為に該当するとして、慰謝料を認めた判例があります。

なお、このメールは慰謝料を請求された人がそれを請求者の閲覧が想定できるアドレスに送っていることも慰謝料が認められた理由のひとつのようです。

  • ※参考判例1(東京地裁平成24年11月28日)
  • このようなメールは、性交渉の存在自体を直接推認するものではないものの、被告が配偶者に好意を抱いており、原告が知らないまま被告と会っていることを示唆するばかりか、被告と配偶者が身体的な接触を持っているような印象を与えるものであり、これを原告が読んだ場合、原告らの婚姻生活の平穏を害するようなものというべきである。

慰謝料は低額

ただし、上記判例でも慰謝料は低額しか認められていません。

500万円の請求額に対して、裁判所は30万円の慰謝料しか認めませんでした。

慰謝料を認めない判例

上記判例とは逆に、「大好き」「愛している」等の愛情表現を含むメールをしていたとしても、慰謝料を認めなかった判例もあります。

  • ※参考判例2(東京地裁平成25年3月15日)
  • 私的なメールのやり取りは、たとえ配偶者であっても、発受信者以外の者の目に触れることを通常想定しないものであり、配偶者との間で性的な内容を含む親密なメールのやり取りをしていたことそれ自体を理由とする相手方に対する損害賠償請求は、配偶者や相手方のプライバシーを暴くものであるというべきである。
    また、被告が配偶者に送信したメールの内容に照らしても、被告が、原告と配偶者との婚姻生活を破綻に導くことを殊更意図していたとはいえない。
    したがって、被告の行為は、原告の損害賠償請求を正当化するような違法性を有するものではないとみることが相当であり、不法行為の成立を認めることはできない。

判例は分かれている

上記からも分かりますように、愛情表現を含むメールをしていたことで慰謝料が発生するかどうかについて判例も分かれているのですが、原則メールだけでの慰謝料請求は難しいでしょうし、仮に慰謝料が認められたとしても、かなりの低額になってしまうと言えるでしょう。

メール相談|ご依頼|その他メニュー

電話、面談でのご相談

書面作成等のご依頼

お客様の声
当事務所の実績!

相談してみようか、依頼してみようかとお悩みの場合、当事務所に相談、依頼された方の声をお聞き下さい。思い通りの解決に至った例、至らなかった例もあります。

キャンペーン

とてもお得!

実践編メニューへ移動